MENU

口内炎や口の中を噛んだときの治し方

スポンサーリンク

口の中のトラブルとして多いのが口内炎です。
口内炎は1度なってしまうとなかなか治らなかったり、治りかけていたところを噛んでしまってまた痛みがでてしまったりと、意外と完治しません。
そもそも原因は何なのでしょうか。
原因はさまざまで、披露や免疫力の低下、ウイルスや細菌の増殖、物理的刺激によるもの、食べ物や薬物の刺激などがあります。
しくみとしては、粘膜を正常に保つためのビタミン不足、疲労やストレスなどにより、たんぱく質分解酵素のプラスミンが発生します。
プラスミンによって、痛みのもとや炎症のもとが出て血管を拡張します。
炎症を起こすとこれらの物質が漏れ出しやすくなり、むくみや痛みが起こりただれます。
さらにただれがえぐられ、口内炎になります。
一度にいくつもできて治らず、癖になってしまって常にあるという人もいます。
食べ物によってもしみて痛かったり、ひどい場合は食事をすることも嫌になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

食事を楽しい時間にするためにも、少しでも早く痛みや不快感をなくしたいものです。
治し方は、人によっても合う合わないがあるようですが、さまざまな方法があります。
まずお金がかからない、直接作用する方法として、塩水で1日数回30秒ほどうがいをする方法です。
最低でも、食事のあとと寝る前にやると効果が出やすいです。
また、うがい薬や口内洗浄液でうがいすることも有効です。
次の日に痛みがなくなるという人もいるようです。
最後に水でうがいをして、薬液を流すということも大事なようです。
保護をして治す方法としては、口内炎パッチを使います。
これは、治りかけのものを噛んだりしてしまうのも防いでくれます。
栄養面としてはビタミンB2を摂ることが大切です。
ビタミンB2は、皮膚や粘膜の成長を促す作用があるため、口内炎の治療に役立ちます。
多く含まれるものとしては、レバーやサバ、納豆、牛乳、卵などがあります。
予防としても日ごろから意識して摂取することも大切です。

スポンサーリンク