MENU

口内炎の原因としみない食べ物

スポンサーリンク

口内炎とは、口の中や周辺の粘膜に起こる炎症のことです。
原因ははっきりとわかってないアフタ性口内炎が最も多く、体調不良の時にできやすいことが知られています。
主に口の周りに起こる炎症です。
口の中は食事をしたり、呼吸をしたり、しゃべったりするとき常に外部とせっしています。
細菌やほこり、ウイルスが最も付着しやすい部分です。
鼻や内臓に通じるのどともつながっていて、部位によってさまざまな粘膜で覆われて防御されていますが、侵入した最近などによって炎症を起こすことがあります。
原因はさまざまなものがあります。
疲労や免疫力の低下が原因のアフタ性口内炎で、はっきりとは原因がわかっていないですが、ストレスや疲れによる免疫低下、睡眠不足などが考えられています。
ウイルスや細菌が原因のウイルス性口内炎は、ヘルペスウイルスやカビの一種が主な原因です。
物理的刺激によるカタル性、その他にもアレルギー性や喫煙の習慣によりニコチン性などもあります。

スポンサーリンク

口内炎によって口が痛いからといって、食べ物をとらない断食をする人がいるようですが、ビタミン不足になり治るのが遅くなるなど逆効果になります。
痛くても、ケナログなどの痛み止め薬を利用して、バランスの良い食べ物を選びビタミン摂取
を心がけることが必要です。
炎症した時に食べておきたい食べ物は、ビタミンB2を多く含むレバーです。
しかしレバーは好き嫌いが激しい食品なので、同様にビタミンが豊富なハチミツもおすすめできます。
ストレスに弱い神経質な人にできやすい病気です。
ビタミンB1をとることで疲労やストレス、神経の調節を適切にする働きがあります。
しかしビタミンをとりたくても、炎症にしみて食べ物が食べれないことが多いです。
しみない食べ物はクリームシチューや、クリームリゾット、コーンポタージュやりんごのすりおろしなど多くあります。
特にクリームシチューは野菜との組み合わせがよくビタミンもしっかりとれるのでおすすめです。
味付けを薄めにして、やけどをしないように冷ましてから食べるようにします。
それでも痛みが強く食べれない場合は、ストローを使うなどしてでもビタミンを摂取することが大事です。

スポンサーリンク