MENU

激痛を伴う口内炎にははちみつで対策を

スポンサーリンク

口内炎は口の中にできる痛みを伴う腫物です。
この腫物ができる前に前兆としてなぜだか口の中を無意識のうちに歯で噛んでしまうということが起こります。
やがてこの無意識で噛んでしまったところが白くはれ上がりひどい時には穴が開いて食べ物も口の中に入れることが困難になってきます。
特にしょうゆや塩などの刺激物がこの腫れた所に接触すると激烈に痛みが伴います。
しばらくの間痛みは消えずそのままほおっておくと1週間から10日で痛みが引き、やがて腫物も小さくなってきます。
しばらく我慢すれば治ってしまうものですが、その間食べ物を口に入れた時の激痛に耐えなければなりません。
また口に中に食べ物を入れた違和感もしばらく我慢しなければなりません。
この腫物の原因は胃の中のホルモンバランスが崩れたためにおこるものと言われています。
なんらかの胃内でのバランスが崩れた時に体外から食べ物をとることを抑制するために人が起こす抑制反応だといわれています。

スポンサーリンク

この腫物を早く治すためには医者で治療をするのが最善の策です。
自然に治っていくものなのですが激痛や違和感をなくすためには、早めに医者にかかったほうがよいでしょう。
また民間治療として腫れたあたりにはちみつを塗ることで劇的に改善することがあります。
塗った翌日に何事もなかったかのように腫れが引き、痛みもなくなっていることがあります。
食べ物を口にしてもぜんぜん違和感がなく、刺激物に当たった時の激痛もなくなっています。
はちみつに含まれる成分がこの口内炎にうまく作用したことが考えられます。
一般的にはちみつには、はちみつ酵素と呼ばれる成分が含まれています。
この酵素は、はちのみつにだけに含まれる酵素でこの成分が口内炎の完治に劇的に作用したものと思われます。
大変に口内炎はいたいものです。
早く治すためにも口内炎ができるなと思ったらその場所に、はちみつを塗っておきましょう。
酵素の力で痛みや違和感を最小限にとどめることができます。

スポンサーリンク