MENU

口内炎パッチの値段について

スポンサーリンク

口内炎とは、口の中の粘膜にできる炎症の総略です。
口の中でも、歯ぐきや舌、ほおの内側や唇などの部位にできるので、それらをまとめて口内炎と呼んでいます。
原因は個人差があるため、はっきりと限定はできませんが、細菌の侵入によって炎症が起こされることや身体的・精神的な疲れや食生活の乱れなどです。
口内炎の治療の1つに、口内炎パッチというものがあります。
炎症が起きている幹部に口内炎パッチを貼ることで、患部の炎症を防ぎ、それに含まれている薬で肉芽を形成して、傷口の回復を促進する効果があります。
口内炎パッチの値段ですが、10枚で約1100円、30枚で約3000円で販売されています。
パッチは箱単位で販売されることが多く、1枚当たりが約100円の値段と見ることができます。
パッチの薄さは0.1ミリと大変薄く貼っていても気にならない薄さになっています。
口内炎パッチ第三類医薬品として登録されており、販売がされています。

スポンサーリンク

口内炎パッチは、第三類医薬品として登録がされています。
第三類医薬品は、一般医薬品の中でも使用をした後、比較的人体への安全面や健康面でのリスクが低い医薬品となっています。
そのため、薬剤師の監督下でなくても購入をすることができ、ドラックストアやコンビニエンスストア、インターネット販売などでも購入することができます。
そのため、必要な時に容易に、パッチもそれらの店舗やインターネット販売で購入をすることができます。
パッチの値段は1枚約100円位になりますが、枚数が多くなれば1枚当たりの値段は安く購入することができます。
また、様々な店舗の割引などを使用すれば、安い値段で購入することができます。
パッチは従来までの口内炎治療薬の中で、治療効果が高いとされています。
そのため、注意事項を十分に守りパッチを貼ることで即効性が期待できます。
そのため購入して使用する人々も多いです。
しかし、使用する年齢制限があり、5歳以下には使用できないので注意事項を守って使用することが大切です。

スポンサーリンク