MENU

口内炎についてや早く治す食べ物について

スポンサーリンク

口内炎は頬の内側や歯茎など口の周りに起きる炎症の事を指す症状であり、口角炎や口唇炎など特定の部位で炎症が起こる場合は呼び方が変わります。
口内炎の原因として主に挙げられるのがカタル性・アフタ性・ウイルス性の3種類になりますが、カタル性は赤く腫れ上がったり水泡ができる事が多く矯正器具などの物理的な刺激によって起こると言われています。
アフタ性は疲労やストレスが溜まった時に起こりやすく縁が赤い白色の潰瘍ができます。
アフタ性は若い世代に起こりやすく再発して繰り返しできる事があります。
ウイルス性はウイルスが感染したり細菌が増殖する事によって起こるもので性行為感染症などでも起こります。
ウイルス性は小水疱が壊れてびらんが発生したり赤くただれるなどの症状がありますが、急に激しい痛みに襲われる事もあります。
こういった原因で起こる口内炎ですが対策として口内を清潔に保つのが重要ですし、早く治すためには市販の薬で治療したり病院で診てもらうのが一般的でしょう。
他にも塩を患部に塗ったり塩水うがいをしたりするなどありますが、食べ物での栄養補給も症状の改善に効果的だと言われています。

スポンサーリンク

口内炎は痛みを伴う事がありますし口内の違和感もありますから早く治したいでしょうが、実は食べ物で工夫すれば治りを早めたり予防にもつながると言われています。
この症状は粘膜が炎症を起こしている状態ですから、炎症に作用するビタミンB2やビタミンCを豊富に含む食材を摂取するのが有効だと言われています。
ビタミンB2を豊富に含むものにはわかめやヒジキなどの海藻類であったり、納豆や牛乳・ヨーグルトなどの乳製品にも豊富に含まれていますから、こういった食材を積極的に摂取するのが良いでしょう。
ビタミンCは赤ピーマンや黄ピーマンなどに豊富に含まれていますし、レモンや柿などの果物にも豊富に含まれていますが、ビタミンCを多く含む食品の中でもパセリは皮膚粘膜を正常な状態に戻す作用する食材だと言われているので、症状を早く治すために非常に効果的な食材と言えるでしょう。
また逆に香辛料を豊富に含む食品やタバコ・アルコールなども患部に刺激を与えて悪化させる恐れがあるので、食べないように気を付ける事が口内炎を早く治す事につながります。

スポンサーリンク