MENU

上顎に出来た痛い口内炎の治療法

スポンサーリンク

口内炎は、主に口内に傷が出来ることによって起こります。
舌や唇の裏は誤って噛んでしまったことによって出来る場合が多いでしょう。
しかし絶対に噛むことのない上顎にも出来ることがあります。
それは上顎が柔らかく、ひだがあることによって表面積が大きくなって傷つきやすくなっているためです。
食べ物が接触する機会も多く、ついた傷から口内炎になるのです。
他に良くある原因として、口の中に定在するカビの一種であるカンジタ菌が異常増殖して起こる場合があります。
白い斑点が集まって苔のようになり、上顎に付着します。
すると、食べ物がしみて痛いと感じるのです。
また、「アフタ性口内炎」というものもあります。
これは疲労や免疫力の低下が原因だと考えられており、ストレス、睡眠不足、栄養不足などが挙げられます。
栄養とは主にビタミンのことであり、ビタミンB2が欠乏すると口内炎ができます。
このように、ひとえに口内炎と言っても、様々な原因があります。

スポンサーリンク

治療方法も、それに合わせて様々なものがあります。
アフタ性のものに関しては、原因がはっきりしていない上に個人差があるので一概には言えませんが、何もせず自然治癒させることが基本です。
もしくは、炎症を抑えて痛みを和らげる薬を使用するのが良いとされます。
しかし、薬を塗ったからと言ってすぐに治るという訳ではありません。
他には、ビタミン剤を使用するという方法もあります。
これは、栄養不足によるものに効果的です。
錠剤を飲むことにより不足しているビタミンを補い、治癒させるという方法です。
また、効果のあるはちみつを塗るという方法もあります。
成分表示に「UMNF」と表示のあるものが該当します。
UMFの値が高ければ高いほど効果があるとされていますが、あまり高いとはちみつの味がしないということもあります。
何より必要なのは、口の中を清潔に保つことです。
殺菌作用のあるうがい薬を使用したり、食事の後の歯磨きをこまめに行ったりすることも効果的です。

スポンサーリンク