MENU

口内炎の薬の値段について

スポンサーリンク

口内炎は口の粘膜が炎症を起こし、痛みを伴うものです。
炎症を起こしている患部は白色になっており、そこの患部に物が触れたり、液体が染み込むことで痛みを伴います。
特に食事をする際に、その患部の痛みがあるため、通常時よりも気を付けて食事をしなくてはなりません。
そのような口内炎の炎症を治す薬ですが、色々な種類があります。
現在販売されているのは、患部に塗る塗布薬やうがい液体、患部に直接貼るパッチなどです。
それぞれの値段ですが、塗布薬は値段のばらつきがあり、1本約600円程度から約2000円程度です。
うがい液体は風邪などを予防するものと同様ですが、1本約1000円程度です。
患部に直接貼るパッチというものは、10枚約1100円、30枚約3000円と販売されています。
その他には、錠剤も販売されています。
錠剤は1瓶約3000円から5000円になっています。
口内炎の治療にはいくつもの種類のものがあるので、予算に応じて購入することができます。

スポンサーリンク

口内炎の薬には、塗布タイプやうがいタイプ、パッチタイプや錠剤タイプのものが販売されています。
炎症を起こしている部分をすぐに治したいという人は、塗布タイプやパッチタイプのものを選択することが多いです。
しかし、口内での炎症であり、唾液があるため患部に塗ったり貼ったりしてもはがれてしまうことが多いです。
そのため、最近では唾液があってもはがれないようなものが開発されていきています。
また、口内に塗ったり、貼ったりするものであるため、飲んでしまっても健康に被害がないように作られています。
そのため、塗布タイプやパッチタイプはその他の商品よりも値段が高くなっています。
しかし、患部の炎症を抑えて肉芽組織を促成させるという働きがあるため、治癒が早いです。
1部の炎症が治癒してもまたすぐに炎症ができるという人は、錠剤やうがいタイプで口内や体内の状態を整えていくことが良いです。
自分の口内炎の出来方やタイプを知り、自分にあったものを選択していくと良いです。

スポンサーリンク