MENU

口内炎で食べ物が食べられない子供に何を食べさせたらいいの

スポンサーリンク

口内炎ができると、普段は何気なく食べているものでもあまりの痛さに驚きます。
そのせいで食事をとることが億劫になってしまうこともあります。
大人でさえそうなってしまうのですから、子供の場合は食べ物を口にすることはおろか、口を動かすことで痛みが出るため話をすることをやめてしまうこともあるようです。
食事を摂らなくなると、必然的に栄養不足に陥ってしまいます。
お医者さんによっては「食べ物を口にしないことで消化へエネルギーを使わなくて済むようになるため、身体の治癒にエネルギーが回せる」という意見もあるようです。
しかし、口内炎はビタミンの不足が原因だとも言われています。
食事をとらなければビタミンも補給されません。
痛みがあっても食事をとり、不足していた栄養分を補給することも必要でしょう。
では、口内炎の時にはどんな食べ物をとればいいのでしょう。
また、痛みを感じることなく食べられるものにはどんなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

口内炎の時の食事の注意点は「固くない、刺激がない、常温、水分が多い」であることです。
口を動かすだけで痛みがある場合には、なるべく固形のものが少ないまたは小さいと良いでしょう。
また、甘さや辛さ、酸味なども痛みを感じます。
なるべく薄味で作ると良いでしょう。
物足りないときには、だしをきかせると味の薄さをカバーできます。
食事の温度が熱い・冷たいというのも刺激です。
常温もしくは暖かい食べ物ならばぬるめにすると食べやすくなります。
水分が多いものだと、つるんと喉に滑り落ちていくので、食べやすいです。
薄味のおかゆや、細かく切ったうどんやそうめんを柔らかく煮たもの、小さく切った野菜をくたくたに煮た野菜スープや形をなくしてしまうコーンスープやかぼちゃスープだと食べやすいです。
市販の卵豆腐やゼリー飲料なども食べやすいでしょう。
食事をとることができないのは辛いものです。
それが子供の場合は本人だけではなく見ている方も辛くなってしまいがちです。
少しでも食べやすいものを作ることで、食事ができない辛さを改善してあげたいですね。

スポンサーリンク