MENU

口内炎が治らない場合にはベーチェット病の疑いがあります

スポンサーリンク

口内炎は様々な原因で起こる口腔内粘膜の病気です。
細菌感染や胃腸障害などによって、健康な方にも生じる症状です。
ですが、この口内炎にはまれに大きな病気が関わっていることもあるため、注意が必要となります。
例えば、中々治らない口内炎がある場合には、ベーチェット病などの疑いがあります。
ベーチェット病は、初期症状としてこういった口腔内の粘膜に症状が現れるのが特徴で、再発を繰り返し中々治らないといったことが起こります。
口内炎は、粘膜に白い潰瘍が出来るのが一般的です。
食べ物や飲み物などがしみることが多く、時に食事にも支障を来します。
通常は、約1週間から2週間で完治しますが、それ以上長引く場合には念のため医師の診察を受けた方が良いということになるのです。
ベーチェット病の場合には、眼や皮膚にも症状が現れることが多く、重症化しないうちに手を打つことが必要になります。
口腔内のこのような症状は、白血病などの病気でも起こることがあるため、早めの対処が求められるのです。

スポンサーリンク

口内炎は自然に治癒することが多い病気ですが、より早く治したい場合には薬を使用するのも一つの方法です。
医療機関では、主に塗り薬などが処方されています。
最近では市販の治療薬も登場しており、速やかに症状を抑えることが出来るのです。
市販薬の場合には、軟膏状の塗り薬や粘膜に貼るタイプのパッチが現在販売されています。
こういった薬は炎症の治りを早くすると共に、食事に伴う刺激などを抑える働きを担ってくれるのです。
この病気は、口の中のあらゆる場所に出来ます。
口の奥にも発生することがあり、時に目で確認することが難しい場合もあるのです。
歯のかみ合わせや歯科治療の影響で粘膜が傷つき、こういった炎症が生じることも少なくないと言えます。
食事中に誤って舌や粘膜を強く噛んでしまった場合にも、傷ついた部分が白い潰瘍となってしまうことがあるのです。
炎症の広がり具合によっては、時に口腔内がんとの鑑別も必要になるケースがあります。

スポンサーリンク