MENU

食べ過ぎは口内炎の原因になる

スポンサーリンク

口内炎は出来てしまうと日常生活で行う食事や会話で痛みを感じる厄介な症状です。
そのような状態になる原因はいくつか考えられるのですが、その一つが「食べ過ぎ」です。
塩分や辛いもの、甘いものの食べ過ぎると、ビタミンが不足したり壊れたりします。
ビタミンというのは、口内のバリア機能を司る粘膜を保護すると同時に、炎症を抑える役割を持っています。
つまり、ビタミンがないということは、それだけ口内炎ができやすい状態ということです。
それに、食べ過ぎは胃腸に大きな負担をかける行為です。
医学的に、はっきりとした因果関係が証明されているわけではないのですが、胃が荒れていると口内炎に「なりやすい」と考えられているのです。
無論、胃の働きが弱まれば、ビタミンが吸収されにくいということも考えられます。
いずれにしても、食べ過ぎが口内環境に対して、プラスに働くことはないので、適度な食事の量になるよう、食生活を改めるのが最良です。

スポンサーリンク

食べ過ぎたときには、どのようにして、口内炎を治していくのかというと、手っ取り早いのは不足しているビタミンを適度な量の食事で摂取することです。
大抵の場合、不足しがちなのはビタミンBとビタミンCだとされています。
ビタミンBを多く含んだ食材というと、牛・豚等のレバーやうなぎが挙げられます。
ビタミンCはというと、柑橘類やいちご、ブロッコリーが代表的です。
ただし、ビタミンCに関しては、水溶性という特徴があり、ブロッコリーのようにゆでてから、ゆで汁をすてるような食べ方だと、摂取できるビタミンの量は減ってしまいます。
これを防ぐためには、蒸し料理などが最適です。
また、食事ではどうしても必要なビタミンを摂取できないという場合には、サプリメントを飲むのも一つの方法です。
こちらも注意が必要で、単一の栄養素を摂取し過ぎると、かえって栄養バランスが崩れて逆効果になる可能性があります。
もし、サプリメントを飲むのであれば、複数の栄養素が配合された製品を選ぶことです。

スポンサーリンク