MENU

治らない口内炎を何科で診察を受けるのか迷った時は耳鼻科で検査

スポンサーリンク

口内炎は特別珍しい症状ではなく、だれでも一度はなったことがあるものです。
症状は口の中に一つあるいは複数の炎症をおこし、ひりひりと痛んだり食事や水を飲む際などにひどく痛むのが特徴です。
通常はそのままほおっておいても治りますが気になる場合は病院で診察を受けてみましょう。
診察は歯科、口腔外科、内科、耳鼻科、皮膚科で行っています。
多くの科で診察を行っていますが、何科で診察してもらうか迷った時は耳鼻科で診察を受けてみましょう。
主な原因はストレスや栄養失調、免疫力の低下など様々な原因が考えられますが耳鼻科で口腔内の診察を行うことで、おおまかなスクリーニング検査ができるのです。
ほとんどの場合、2週間程度で完治しますが、2週間以上たっても治らない場合や何度も症状を繰り返す場合は、一過性の口内炎ではなく糖尿病やベーチェット病などの自己免疫疾患など他の病気の可能性も考慮し、ほかの科でも診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

口内炎ができてしまうとしばらくは不快な痛みが続くことになります。
なるべく口内炎にならないようにするためには、日頃の食事での栄養バランスに気を配ることや、睡眠をしっかりと取ること、口腔内の環境を衛生的に保つことが大切です。
何度も症状を繰り返す場合は日常生活に問題があることが考えられます。
日頃の生活を改善することも予防には効果的です。
主な原因は口腔内の細菌やウイルスが原因と言われているので、食事の後や睡眠前の歯磨きをしっかりと行うようにしましょう。
またビタミンを積極的に取ることも予防に効果的です。
野菜や果物を日常の食事の中で積極的に取り入れるようにしましょう。
最近ではインターネットの通信販売などでも、ビタミンが配合されたサプリメントなどが販売されています。
日常の生活で規則正しい食事がとれない人は、サプリメントのような栄養補助食品を上手く活用するようにしましょう。
それでもたびたび、口内炎ができる場合は耳鼻科で診察を受けてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク