MENU

塩を使った口内炎の治療効果とは?

スポンサーリンク

誰もが経験をするものとして、口内炎があります。
症状が重い方だと痛みが1週間以上続く方もいらっしゃいます。
食事や、飲み物を飲んだ時や人と会話をしているときなど、痛みが発生したり、痛みにより楽しめないという経験を持っている方が多くいらっしゃると思います。
そんな中で、誰もが出来る治療に塩を使うという方法が、流行っているようです。
この治療法ですが、ちょっと痛そうだな〜と誰もが考えてしまいますよね。
しかし、意外にも効果があったという方が多くいらっしゃるようです!
もちろん、これには個人差がありますので、人によってはまったく効果がなく痛いだけだったと言う人もいらっしゃいます。
この方法に関しては、塩を口内炎に直接塗る方法と、食塩水を使用してうがいをするという2種類の方法があるようです。

スポンサーリンク

私個人の意見になりますが、口内炎というのは、口の中の炎症なので、患部に直接塗りこむと炎症自体が悪化するおそれが高いと思うので、オススメしづらいものだと思います。
またしみるものを塗るので、ものすごい痛みが起こると思います。
そのため、初めて試すのであれば、飲料水に食塩を溶かしてうがいを行う方が効果を確かめるためにもおすすめできます。
当然、口内炎に塗る訳ではないので、効果が高いとは言えませんが、うがいの回数を1日5回くらい行うことで、直接塗るのと同じように効果が得られます。
この「塩」を使った治療法も、人により、向き、不向きがありますので、うがいで試してみて効果があるか、個人で判断して見たほうがいいと思います。
何事に対しても言えるのですが、試してみて自分に合うかが大事になってきます。

スポンサーリンク