MENU

白い口内炎は舌がんとの区別が大切になります

スポンサーリンク

口内炎は赤みを帯びた状態から徐々に白い潰瘍になり、2週間前後で自然に治癒していきます。
水分が染みることも多く、時に激しい痛みを伴います。
口内炎は、口の中の粘膜のみならず舌にも出来、食事の際の妨げになることもあるのです。
口内炎の潰瘍は白く円形を呈しているのが特徴で、他の病気との鑑別の際にはこういった病変の見た目が一つの参考になります。
同様の白い病変を作る舌がんの場合には患部が硬くなることが多く、一般の炎症とは比較的区別がしやすいのです。
舌がんと口内炎を見分けるポイントは、痛みの度合いにもあります。
ただの炎症の場合には比較的痛みが強く現われますが、舌がんの場合には痛みは余り感じないこともあるのです。
また、白く硬い病変があり中々治癒しない場合にはがんの可能性が出てきます。
このような見極めは、やはり口腔外科の専門医に依頼するのが賢い方法です。
一般の歯科医院でも簡単なチェックは出来ることが多く、心配な場合には受診してみるのがベストです。

スポンサーリンク

口内炎や舌がんといった口腔内の病気の原因は、実の所様々です。
ですがいずれの場合にも、何らかの継続的な刺激があることが病気のリスクを高めていると考えられます。
例えば、合わない入れ歯やかみ合わせの悪さによる刺激は、口腔内の環境を悪化させ傷を生じさせます。
こういった状態が長く続くと炎症がおこりやすくなり、場合によってはがんを誘発してしまうこともある訳です。
従って、特にがん心配される中高年世代からは歯科治療を受ける際にも一定の注意をすることが必要になってきます。
また、歯科治療で使用した金属によるアレルギーや唾液の分泌量の低下なども口腔内の病気を誘発するリスクとなります。
アレルギーの場合には、アレルギー反応による一定の刺激が加わることで、やはり様々なトラブルを引き起こしやすくなるのです。
唾液の量が少なくなった場合、粘膜が乾燥状態となりほんの些細な刺激でも傷がつきやすくなります。
従って、口腔内の状態を整えることが病気を予防する一つの方法と言える訳です。

スポンサーリンク